MENU

視線の方向によって考えが分かる【心理学】

左上の視線は「視覚的記憶」

「昨日着ていた洋服の色は何色ですか」とか「パンダを思い浮かべてください」といわれて答えを思い出そうとしているとき、視線はどちらに動くでしょうか。

おそらく、多くの人は、左上の方向に動くと思います。

視線が左上に動くときは、たいてい何か視覚的に思い出しているときです。

ここでは、昨日着ていた洋服を思い出しているかもしれませんし、パンダを映像化しているかもしれません。

どちらにせよ、過去に体験したり、知っているものに対して記憶をたどったり、イメージしたりしている状態です。

こんなときには、たたみかけるように質問するのではなく、相手が記憶をたどって答えを見つけ出すまでひと呼吸おいて、待ってあげるといいでしょう。

ちなみに、実際に何かを思い出そうとするときに、視線を左上に向けると、思い出しやすくなるといわれます。

記憶力を問うテストのときにでも試してみてください。

自分の携帯番号などのように自分がよく思い出したり口に出したりしている事柄にはあまり効果はありませんが、ずっと「寄り目」をしている状態では、泊まっているホテルの部屋番号や昨日の夕食の献立など、最近起こった事柄の記憶を思い出そうとしても、すぐに思い出せなかったり、言葉にできないということもあります。

ぜひ、試しにやってみてください。

右上の視線は「視覚的創造」

 今度は、「もし、月に住んで銀河を見上げたらどんなふうに見えますか」とか「ピンクと黄色の2色のパンダを思い浮かべてください」と質問されたとします。

視線の動きはどうでしょう。

右上方向に動くのではないでしょうか。

視線が右上方向に動くときは、何か視覚的に創造しているときです。

いままでに経験したことがなかったり、知らないことに対してイメージして映像化しようとするときに、この視線の動きが多く見られます。

もし、あなたが将来カフェを経営したいと思っているのであれば、視線を右上に向けて将来像をイメージすることで、お店の外観やお客様やスタッフの様子など、より明確なビジョンが浮かんでくるかもしれません。

そして、イメージが浮かんできたのならば、実現への道が一歩近づいたということになります。

なお、視線の方向は、本人にとっての向きになりますので、相手の視線を追うときは、間違えないようにしましょう。

音や言葉は「聴覚」情報

聴覚にアクセスしているときは、視線は「横方向」に動きます。

聞こえてくる音やメロディはもちろんですが、言葉も聴覚情報のひとつなので、言葉を聞こうとするときにも視線は水平に動くことを覚えておきましょう。

通訳をしている人を観察すると、視線を左右に動かしていることが多いのに気づくかもしれません。

左横の視線は「聴覚的記憶」

「昔、好きだった音楽は何ですか」とか「あなたの携帯電話はどんな着信音ですか」といった質問を受けたとします。

このとき、視線は左横方向に動くことが多くなります。

視線が左横方向に動くのは、すでに知っている音を思い出しているときです。

そして、言葉を思い出しながら、話をしているときもこのような視線の動きになることが多いです。

この視線解析の特徴を使えば、大事な要件を口頭で言われたような気がしているのに、なんだか忘れてしまったとき、視線を左横に動かしてみればいいことに気がつきます。

また、会話の相手の視線が左横に動いたときは、こちらもそれに合わせて「聴覚優位の人がよく使う」言葉で質問をなげかけると、その後のコミュニケーションがスムーズにいくでしょう。

右横の視線は「聴覚的創造」

視線が左横に動くのが、すでに知っている音や言葉を思い出しているときだとすれば、右横に動くときは、どこに意識が向いているのでしょう。

視線が右横に動くのは、何か音を創造しているときになります。

たとえば、お寿司屋の板前さんがフランス語のアクセントでお寿司の説明をしたら、どのように聞こえるか想像してみてください。

また、恐竜が「ぞうさん」の歌を歌ったらどんなふうに聞こえるでしょうか。

こんな想像をするときには、視線が右横方向に動くと思います。

 

下向き視線は「身体感覚」「内部対話」にアクセス中

左下に視線が動くときには、自分の中で「内部対話」が行われている状態のことが多くなります。

たとえば、「あなたがもっとも尊敬する歴史上の人物を3人あげてください?」と聞かれて「え~っと、ひとりは織田信長かな。

後は、ガリレオもいいな。パスツールもいいし……まてよ、ナポレオンも捨てがたいぞ……」とあれこれ、自分の中で考えをめぐらせているときなどに、視線は左下に移動します。

つまり思考状態に入って、自分の中で会話している場合の視線の向きです。

会話の相手がこのような状態のときは、考えがまとまるまで少し、待ってあげるといいでしょう。

また、会話の相手が結論を出せないどうどうめぐりをくり返すときなどは、「ちょっと上を見てみて」というように視線を上向きにしてあげることで、新たな思考を持てるようになることもあります。

右下の視線は「身体感覚」

身体感覚にアクセスさせるような質問をなげかけると、相手の視線は右下方向に移動する傾向が見られます。

「身体感覚」に関しては、体験したことのないことを想像する場合も、過去の感じ方を思い出すときも、視線は右下に移動します。

たとえば、「かき氷を食べると、どんな感じがしますか?」とか「真夏の砂浜を裸足で歩くと、どんな感触ですか?」などのように普通であれば経験したことのある記憶や、楽しかったときや怒ったときの感情を思い出したり、「無重力状態で浮かんでいるとしたらどんな感じ?」などように、少し普通では味わえない感覚を想像するときなど、視線の向きは右下になりやすいのです。

「視線解析」を活用してみよう

このように、「視線解析」を行うことで、相手の考えやアクセスしている感覚が体験に基づいているのか、あるいは想像なのかを知ることができます。

テレビなどでインタビューに答えている政治家などが、どこを見て話しているのかを観察するとおもしろいことがわかるかもしれません。

自分自身でも、何かを思うとき自分の視線がどこを向いているのかを注意深く観察してみたり、わざと色々な方向に視線を動かしてみたときに自分の中にあるどんな情報にアクセスしやすいか観察してみるのもおもしろいでしょう。

視線の動きから相手の考えを知る ~アイアクセシング・キュー~

視線の動きには意味がある?

なかなか出てこない芸能人の名前や数学の公式など、何かを思い出そうとしているとき、自然と視線が上のほうを向くことはありませんか。

また、夢を語るときに視線を下げる人はいませんし、悲しんだり、落ち込んだりしているときに、視線を上向きにする人もまずいないでしょう。

視線はもちろん物を見るために動きますが、考えごとをしたり、イメージをしているときにも動きます。

そして、アクセスしている感覚に応じて、視線の動きにも特徴が見られるのです。

また、これらの特徴は、世界中の人に同様に見られ、人間の脳にもともと組み込まれたプログラムとして機能していると指摘する学者もいます。

NLPでは、この視線の動きを観察することを「視線解析」とか「アイアクセシング・キュー(Eye Accessing Cue)」と呼んでいます。

バンドラー博士による米国NLP協会代表のジョン・ラ・バーユ氏は80~85%の正確さでこれらは表れると説明しています。

視線の動きはとても早く起こるので、キャリブレーションするときは、注意深く観察していきましょう。

また、左利きの人は反対に作用することもあります。

アイアクセシング・キューの「キュー」とは、ヒントという意味です。

視線の動きは、相手の考えを理解するヒントになるというわけです。

〝VAK〟と視線の関係

「視線解析」を行うことで、相手が絵やイメージなどの画像を見ているのか、音を聞いているのか、感覚で感じているのかを知ることができます。

また、注意深く観察すれば、相手がよく向ける視線を見つけることができます。

これによって、相手の優位感覚を知る手がかりともなるのです。

具体的には、視線が上向きに動くときは、「視覚的」なイメージをしています。

また、水平に視線が動くときは、音や声に意識を向けて「聴覚」にアクセス。

さらに、視線が下向きに動くときは、自分との「内的な会話」をしているか、「身体感覚」にアクセスしている状態です。

実際には、左右どちらの方向を見ているかによって、記憶をたどっているのか、まだ体験したことのない何かを想像しているのか、まで推測することができます。

相手にイメージを膨らませてもらう表現をしよう

 ~ユニバーサル・ワード~〝VAK〟をまんべんなく使って表現

会話の相手がひとりの場合は、相手の優位感覚をつかむようにキャリブレーションを行いながら、相手に理解されやすい表現を選ぶことが大切だと述べました。

では、相手の優位感覚がつかめていない場合や大勢の人の前で話をする場合には、どのようにしたらいいのでしょうか。

そのようなときは、「視覚」「聴覚」「身体感覚」の表現をまんべんなく取り入れていくようにしましょう。

たとえば、「海」の情景を表現する場合、「明け方の海を僕は歩いている。美しく晴れわたった青空の中、白い砂浜はまだひんやりとした感覚を僕の足に伝える。遠くのほうで鳴く海鳥の声が、波の奏でる潮騒の合間に聞こえてくる。

そして、心地いい風が潮の香りを僕に運んでくる」というように、「視覚」「聴覚」「身体感覚」の表現を偏りなく使うことで、より多くの人に理解してもらいやすくなり、表現自体もよりいきいきとしてきます。

「ユニバーサル・ワード」でイメージを増幅

コミュニケーションを円滑にしたり、望ましい方向へ導く手助けをするには、相手により具体的にイメージを持ってもらうといいと述べました。

そのためには相手の優位感覚に関係なく、聞き手が自由にイメージを膨らませやすい言葉「ユニバーサル・ワード」を使用するのも効果的です。

ユニバーサル・ワードとは、「普遍的な言葉」ともいわれ、聞く人がそれぞれ自分の体験や感覚に基づいて解釈できる言葉です。

たとえば、「幸せ」という言葉から連想されるイメージは、それぞれ違いがあります。「視覚優位」の人は、素敵な景色の中で大好きな人と一緒にいるシーンを思い浮かべるかもしれませんし、「聴覚優位」の人は、やさしい波の音に包まれているのが幸せだと感じるかもしれません。

さらに「身体感覚優位」の人は、あたたかな温泉に浸かってゆったりしている感覚をイメージするかもしれません。

このような言葉を利用すると、相手にイメージをゆだねることができるので、行き違いが起こりにくくなります。

その他にも、「体験する」「考える」「最高」「美しい」「自由」「愛」などの言葉がユニバーサル・ワードとしてあげられます。

相手のVAKに合わせてコミュニケーションをとろう

相手の優位感覚に合わせて会話をする

恋人同士のN郎さんとP美さんの会話です。

2人の優位感覚を考えながら読み進めましょう。

N郎「P美、そろそろ誕生日だねぇ」

P美「覚えていてくれたんだっ」

N郎「どっか、のんびりできるところに行って、おいしいものでも食べようか?」

P美「うれしい! キレイな夕日を見ながら食事できたらステキねっ」

N郎「それから、何か欲しいものはある?」

P美「そうね。キラキラ輝くダイヤモンドのペンダントが欲しいわ」

N郎「……。ダイヤはちょっと冷たい感じがするじゃない? P美には、ほのぼのとして心があったかくなるようなぬいぐるみなんか喜ぶんじゃないかなあ、と思っていたんだけど……」

P美「ダイヤが冷たい? 言っている意味がよくわかんな~い。この間買った黒の格好いいワンピースに似合う、ペンダントを探してるんだよね~」

N郎「そ、そうなんだ……。(予算オーバーだ!)」

いかがでしょうか。

ここでは、N郎は「身体感覚優位」の表現、P美は「視覚優位」の表現で話をしています。

そのために、P美はN郎の「ダイヤが冷たい」という表現を理解できないまま、会話が終わってしまいました。

コミュニケーションを深めるためには、相手にわかりやすいように相手の優位感覚に合わせて会話をすることが大切です。

そこで、今度はN郎がP美に合わせて「視覚優位」の表現を使ったらどうなるでしょう。

N郎「P美、そろそろ誕生日だねぇ」

P美「覚えていてくれたんだっ」

N郎「キレイな海の見えるレストランにでも行こうか?」

P美「うれしい! 夕日が見える時間だったらなお最高っ」

N郎「それから、何か欲しいものはある?」

P美「そうね。キラキラ輝くダイヤモンドのペンダントが欲しいわ」

N郎「P美に似合う色は、ダイヤみたいな無機質な透明色やカットじゃなくて、美しく着飾った貴婦人のようなローズクオーツみたいに華やかさの中にも気品がある色だと思うよ。P美の白い肌にも映えるだろうなぁ」

P美「私のことをいろいろわかってくれているのね。誕生日が楽しみだわ。ありがとう」

N郎「素敵な1日を過ごそうね。(ほっ。予算内に収まった!)」

このように、同じ優位感覚を用いた表現を利用すると相手に理解してもらいやすくなります。

ラポール」が築けるまでは、とくに意識しながら相手に合わせるようにするといいでしょう。

長年連れ添って「信頼関係」が築かれている夫婦でも、お互いの「優位感覚」が交わらないためにケンカをくり返してしまうようなケースがあります。

そのような場合は、相手の「優位感覚」を知るように心がけてみてください。

自分の「VAK傾向」を知っておく【心理学】

あなたの「VAK傾向」は?

「視覚優位」「聴覚優位」「身体感覚優位」のそれぞれの傾向がわかったところで、あなたの傾向についてチェックしてみましょう。

 

zenkutai.hatenablog.com

zenkutai.hatenablog.com

zenkutai.hatenablog.com

 

 

自分自身の優位感覚を知っていると誰かとコミュニケーションをとる際に、自分の言葉をコントロールしやすくなります。

①最近あった「おもしろい体験」を思い浮かべる

最近、身近に起こったおもしろいエピソードをひとつ思い出してください。そのとき体験していた場面に、いま、まさにとびこんでいるかのような気持ちでさまざまなことを思い出します。

②その体験を誰かに伝えるように文章にまとめる

思い出したおもしろい体験を親しい誰かに話すように、ワークシートにストーリーを書き込んでみましょう。 作文ではありませんので、いつも話している言葉と同じように書きます。

③VAKの表現の個数をカウントする

シートに書き込んだ表現が「視覚(V)」「聴覚(A)」「身体感覚(K)」のどれにあてはまるのかチェックして、個数を書き出します。

④VAK傾向を考察する

文章の中で使われているVAKの割合や使い方の特徴などを考察してみましょう。

〝VAK〟を意識しながら言葉にする

人それぞれに優位な傾向の感覚があり、表現方法にも特徴があることが、おわかりいただけたと思います。

しかし、より相手のことを深く理解するため、多くの人とコミュニケーションをとるためにも、自分が優位な感覚以外の言葉をいつでも使いこなせるようにしておくと強みになります。

もしあなたがブログや日記を書いているのならば、そこに書く文章の表現の中に「視覚(V)」「聴覚(A)」「身体感覚(K)」を意識して取り入れて書いてみることをおすすめします。

また、何かの映像を見たとき、その情景を「VAK」で表すと、どんな感じになるのか普段から練習してもいいでしょうし、小説を読んでいるときに、作者はどんな表現を使っているのかに注意を向けてみることもとても役に立ちます。

そのなかで、印象的だった表現や身につけたい表現をメモしておくのもいいでしょう。

言葉や文章に注意を向けることで、表現のボキャブラリーは飛躍的に向上します。 そしてボキャブラリーを増やすことは、人とラポールを築いたり、人を感動させることのできるとっておきのリソースにもなります。

「身体感覚優位」な人のコミュニケーションの傾向

「身体感覚優位」な人の話し方のパターン

ゆったりとしたテンポで話をしたり、返答までに少し間があいたりするのが、身体感覚が優位な人の特徴です。

これは言葉や体験を身体の感覚によって受け止め、味わってから言葉にする傾向があるからです。

また、そのぶんたくさんの情報を受け取っているともいえます。

話し言葉では、「ほんわか」「ゆったり」「~な心地がする」というように、自分の感覚を大切にした表現を得意とします。

そのほか、「うれしい」「楽しい」といった感情表現や、「ふわふわ」「ガチガチ」のような擬態語で材質や温度などに関わる表現をする場合が多くみられます。

また、自分や相手のボディに触れるようなしぐさが見られたり、表情が豊かなことも特徴です。

身体感覚が優位な人は、言葉以外でも相手の感情を察したり、自分の気持ちを伝えることが得意なのです。

「身体感覚優位」な人と会話するには?

身体感覚が優位な人と話すには、相手のゆったりとしたリズムに合わせて話をすることです。

そして相手の身体感覚を心地よくさせる表現を使ったり、感情豊かに話をします。

また、もしあなたが何かのセールスマンなら、商品に実際に触れてもらったり、試してもらうことも効果的です。

「聴覚優位」な人のコミュニケーションの傾向

「聴覚優位」な人の話し方のパターン

聴覚が優位な人は、音や言葉に敏感な傾向があります。

聴覚というと聞こえる音だけと捉えられがちですが、言葉を使って内容を理解したり、文字を読むといった行為も「聴覚」を経由して情報が処理されています。

特徴としては、「ガチャガチャ」「カンカン」「シーン」などのような擬音語といわれる物音や音の大きさを表現するのが得意であったり、「~が聞こえる」「~話す」などの述語表現を多用する傾向があります。

また、聴覚優位な人は、ものごとをとても論理的に捉えることができ、自分の内側との対話も重視しながら会話をします。

相手の話を理解するのも早く、「聞き上手」な一面を持ちあわせますが、細かな表現方法や言い回しが気になったりします。

また静寂やきれいな音も大好きです。

「聴覚優位」な人と会話するには?

聴覚が優位な人と会話をするときは、客観的な数字のデータを示すのも有効で、ものごとを筋道立てて論理的に話すのがポイントです。

また、声のトーンを相手に合わせるようにしたり、言葉を大切に話をすることで、相手から受け入れてもらいやすくなります。