MENU

ドラえもんの親に対する違和感

僕は、ドラえもんの親についてすごい抵抗感を感じます。

僕の実際の親と似た部分があるからなのかもしれません。

 

母親は息子の能力についてダメ出しするだけで愛情深いやり取りは全くせず、のび太に更に無力感を感じさせている。
父親は、息子に対して無関心で、まるでいじめを見て見ぬ振りをする傍観者のよう。

ドラえもんは国民的アニメで、それが受け入れられているということは、のび太の親のような人間が典型的な日本の親という事なのでしょうか。


こうした親に育てられて、のび太は自分は無力だという事を思い知らされながら生きていくのです。
実際には、どらえモンが来てくれますが、現実にドラえもんはいません。
こうした親に育てられた多くの子供と同じ様に、のび太は傷を抱えながら、その傷を晒さないように生きていくのです。

将来、労働率は50%を切るかもしれない

以前の記事で、結婚率について書きました。

 

 

以前、結婚は殆どの人がするものでした。

ですが、今は選択するものになっています。

これから、労働は選択するものになるかもしれません。
趣味と似た感じになるかもしれませんね。
ちょっと働いてみて、自分に合っていそうなら仕事を続ける。
また、お金が欲しいなら働いてみる。

ベーシックインカムが導入されるかどうかにも影響されそうですが、導入されることになれば働く人が今の50年後には二分の一位になっていてもおかしくなさそうです。
また、人工知能が人間の労働をどれだけ代替するかにもよりそうです。


今の20歳の日本人の生涯未婚率が50%になると思う理由

以下のデータを見てください。

 

f:id:zenkutai:20181121204033j:plain

引用:https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20180807-OYT8T50005.html

 

このデータから、最近は5年で3%くらい男性の生涯未婚率が増えていることが分かります。

このグラフを元に、50年後の生涯未婚率がどうなるかを予想してみました。

f:id:zenkutai:20181121204238j:plain

 

図はかなり適当ですが、2050年には50%になると予想できます。

また、最近は、女性は男性の二分の一程度の生涯未婚率になっています。

 

以上から、

今の20歳の男子は二人に一人、女子の四人に一人は生涯未婚である

という予言をしたいと思います。

これが明証されるのは30年後ですが、あっという間の話でもあります。

 

一応弁解しておくと、この記事で書いたのは暗い内容でも何でもなく、明るい話題だと僕は思っています。

どんなに面倒臭くて辛くても結婚が必要だった暗黒時代を超えて、30年後の時代があります。

いずれ、今の結婚観は創新されるでしょう。

人口は減りますが、人口が減っても暮らしていけるような技術がこれから生まれていくのです。

若者には、今よりもっと、自由な生き方をしてほしいです。

 

 

NLPの8つの前提NLPの基本となる8つの考え方

NLPには、あらゆる考え方の基本となる8つの前提があります。

これは「現在の状態」から「より望ましい状態」へプログラム修正するための基本的な指針であり、前提を理解することでNLPの考え方や哲学のようなものがわかります。

●「現実の体験の内容を変える」より、「現実を体験するプロセスを変化させる能力」のほうが、価値があることが多いのです

たとえば、雨が降っているとして、その「雨が降っている」という現実は変えることはできません。

しかし、それによって気分がすぐれないと嘆くのではなく、「今日は雨が降っているので、家の中のかたづけをしよう」というように、自分の考えや行動に柔軟性を持たせることができます。

このことで体験そのものから受け取る感覚も変わっていきます。

●コミュニケーションの意味は、受け取る反応にあります

コミュニケーションは一方通行では成り立ちません。

相手や自分が受け取った量や受け取った反応から新たなコミュニケーションは生まれ、発展していきます。

もし、受け取った反応が望ましいものでなければ、違う方法を試せばいいのです。

●周りの環境や自分たちの行動に対して、人間が識別できることはすべて五感(視覚・聴覚・身体感覚・嗅覚・味覚)を通して有効に表すことができます

私たちはすべての物事を五感を通して受け止め、五感を通して表現しています。

五感をそれぞれ補いながら、うまく使いこなすことが重要です。

●人が変化を起こすための必要なリソースは、すでにその人の中にあります

「こうなりたい」とか「こうしたい」と望み、行動を起こすときに必要な資質(リソース)は、すべてその人の中に最初から備わっています。

●地図は領土ではありません

私たちが、見たり聞いたり感じたりしている情報は、実際のものとは違い、その人の尺度によって偏って認識されています。

また、その尺度は人によってそれぞれ異なっています。

同じ体験をしても感じ方やその捉え方は、人それぞれであることを理解すれば、相手とよりよいコミュニケーションがとれ、共感しやすくなるのです。

●人の肯定的な価値は一定不変のものです。その一方でその人の内側と(もしくは)外側の反応が、価値があり適切かどうかが問われるのです

私たちはすべてが価値ある存在です。

その上で、「感覚」や「言動」がどうあるかが大切なのです。

●すべての行動には、それを起こさせる肯定的な意図があります。また、すべての行動にはその価値を活かせる状況があります

私たちの行動には、すべて何らかの肯定的な目的があります。

そして、どんな行動であっても、それが役に立つ状況が必ずあります。

●「フィードバック VS 失敗」与えられた仕事や状況に対して、それが望んだ結末であってもなくても、あらゆる結果と行動は成功なのです

脳は失敗を認識しません。

望ましい結果を得られないプログラムにおいて成功しているのです。

それを「失敗」と捉えるのではなく「フィードバック」することで、より望ましいプログラムへとつなげていくことができるのです。

なりたい自分をイメージしてゴールをはっきりさせる

〝ゴール〟を明確にイメージしておく

「ああなりたい」「こうありたい」という目標や成果を明確にしておくことはとても大切です。

明確というのは、言葉として発するだけではなく、感覚としてもイメージできる状態をいいます。

「痩せたい」というだけでなく、「春までに5キロ痩せてスリムになった私は、花柄のワンピースを着て素敵な男性とお花見デートを楽しむ」様子を五感すべてを使ってイメージするのです。

目標(ゴール)を設定するときに満たすべき条件

目標や成果を設定する際にポイントとなることがいくつかあります。

このポイントをクリアーした目標設定をすることが大切です。

●肯定的な表現であること

目標や成果は必ず肯定的な表現を使います。

「~をしないようにしたい」のように否定的な表現を使うのはNGです。

また、同じように感じるかもしれませんが、「疲れをとりたい」と「元気になりたい」では効果が違ってきます。

この場合は、後者を選択するようにします。

●ゴールを望んでいる人がコントロールしていること

目標や成果を成し遂げる主語は、「私が」である必要があります。

いつもイライラしている上司が、もっとおだやかになって欲しいなど、主語が自分以外の人やことがらでないようにします。

●望ましいゴールの状態が五感を使って明確に定められること(イメージ)

成果が手に入った状態を思い浮かべて、五感を総動員してイメージしてみます。

その場の情景(視覚)や聞こえる音(聴覚)、身体で感じていること(身体感覚)をイメージの中で体験します。

外部の環境(エコロジー)に適応するように設定されていること

その目標を目指すことは、家族や同僚、友人といった周りにいる人にも配慮されている内容であるかを確認します。

人以外の環境条件についても同様です。

また、目標が達成されたときの周りとの関わりについても、考えておきましょう。

自分自身の中に違和感がないことも必要です。

●現在の状態にあるポジティブな要素は維持されること(二次的利得)

すべての行動には「肯定的な意図」があるということは前にも述べましたが、現在の状態にも何かしらいいところがあります。

「禁煙したい」という目標を掲げる前に、タバコを吸うことの利点を考え、それを維持するようにします。

仮に、「タバコを吸うことでリラックスできる」のであれば、禁煙後にもリラックスできる手段を用意しておくことが大切です。

 

 

そしてゴールとは、「肯定的に表現されている」「本人が創り、維持されている」「すべてのラポールシステムが維持されている」「感覚経験をベースにしたテストができる」状態が最善であり、これをNLPでは「よくまとめられたゴール」と呼んでいます。

脳は「想像」と「現実」の区別をつけられない

脳は〝勘違い屋さん〟である

NLPは、人間の本能的な脳のシステムを利用して、さらにパワーアップした望ましい人生を送れるように活用できるスキルです。

そこで、はじめに「脳」のシステムについて知っておくと、NLPをより深く理解できるかもしれません。

まずは、脳は「勘違い屋さん」だということを覚えておいてください。

たとえば、あなたが理想の人と素敵なレストランで最高の食事をしているところを想像してみてください。

そして、2人で優しく見つめ合いながらスプーンですくったとろけるような味わいの、あの大好物を口に近づけて口の中に入れます。

その姿をイメージしていると、なぜかニンマリとしながら勝手に唾液が出てきませんか。

これこそ、脳の「勘違い」です。

実は、私たちの脳は「現実」と「想像」を区別することができません。

いま、頭に思い描いているものが「想像」であろうと「現実」であろうと、同じ神経回路を使って処理され、各器官に指令が出されるのです。

ごちそうを想像するだけで唾液が分泌されたり、好きな人のことを考えるだけで顔がニヤけてくるといった反応が引き起こされるのは、すべて脳の「勘違い」によるものなのです。

このように、ある体験を思い出したり、想像したりしているときも、脳にとっては現実に体験しているのと同じ作用が働いています。

何かをイメージするということは、脳にとって現実に体験していることと同じなのです。

〝未来の体感リハーサル〟で夢を叶える

脳の勘違いシステムを利用すると、「未来の体感リハーサル」を行うことができます。

何をするかといえば、なりたい未来をイメージするだけです。

これによって、脳の勘違いシステムが働いて、なりたい未来を現実のものとしてインプットすることができるのです。

たとえば、あなたが「いつか自分のカフェを経営したい」という目標を持っているとして、「どこにお店を構え、どんな看板で、自分はどのように働き、どのように感じているのか。

お店の雰囲気や働くスタッフの弾けるような笑顔、お客さんの喜びの声。

また自分はどのような気持ちでお客さんと接しているのか」などのイメージをどんどん広げてみましょう。

より具体的に、そして自由に想像の世界を膨らませていくことで、ワクワク感が身近なものとなり、さらに大きくなっていくことに気づきませんか?

これが肝心です。

これによって、いま、何をすればいいのかを「無意識」のうちに脳が明確化し、目標実現への行動を、当たり前のこととして行えるようになるのです。

瞬時に望ましい状態になれるスイッチをつくる ~アンカリング~

「アンカー」ってなに?

思い出深い音楽が突然流れてきたりすると、その曲に対する思い出のワンシーンを回想したり、そのときの感情がよみがえってくるようなことがあると思います。

ドラマの主題歌が流れた瞬間に、ドラマのラストシーンを思い出すといったようにです。

これは、「五感で受け取る何らかの特定の情報や、ある行動」により「ほかの特定の行動や記憶、あるいは感情や衝動」が引き起こされる条件反射のようなものです。

たとえば、信号が赤になれば止まったり、漢字の読みや意味を覚えるのもこれにあたりますし、タバコをくわえれば火を点けるといった行動もそうです。

NLPでは、このように「情報(刺激)」と「反応(感情)」を意識的に結びつけ、役立たせるための状態を作る作業を「アンカリング(アンカーをかける)」といいます。

このときの何かを引き起こすための外からの刺激を「トリガー(引き金)」、内部の反応をマーキングしたスイッチを「アンカー」、そしてその内部の反応を引き起こすことを「アンカーを発火する」と呼んでいます。

 

アンカリングで特定の感情を呼び起こす

ここでは、役に立つリソースのアンカーを活用するための「リソース・アンカー」を例にとって説明していきましょう。

「リソース・アンカー」のやり方については、『特定のリソースを呼び起こす~リソース・アンカー~』で詳しく紹介します。

ある特定の感情を呼び起こすものは、どんなものでも「アンカー」になります。

これによって、とてもうれしかったり、やる気があったときなど、リソースにあふれた状態をいつでも望んだときに呼び起こすことができます。

アンカーをかけるには、まず、いま一番必要だと感じられる感情と同じ感情に満ちていたときの過去の経験を思い出します。

うれしかったとき、一番やる気があったとき、がんばれたとき、などなんでもOKです。

そのときの状態や感情が最高潮に高ぶっていくにつれて、呼吸が深くなったり、頬がゆるんだり、笑顔になったり、身体にもなんらかの変化があることに気づくでしょう。

この状態(ステイト)にしっかり入ることを「インステイト」といいます。

この「インステイト」の状態でアンカーを作っていきます。

もし自分の中に必要な感情を伴う経験がなかった場合は、その状況をイメージの中で自由に作ってしまっても問題ありません。